スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夜行列車の料金が高いのはそれだけ安全を買っているってことではないのか?
今年の4月29日に起きた関越自動車道高速バス居眠り運転事故

この度の関越自動車道で発生した高速ツアーバスの事故により、お亡くなりになられた 方へお悔やみ. 申し上げますとともに、お怪我をされた方には一日も早いご回復をお祈り 申し上げます。

しかしながら、やはり安かろう悪かろうという結果になってしまった。



高速ツアーバスの安全性は以前から指摘はされていましたが。

このツアーバスの料金、金沢・富山-関東は3000円台だったそうで、
これは、大手の路線バスの料金の半分以下となる格安だったらしい(Wikipediaより)。

ちなみに、時期にもよるかもしれませんが、今調べた結果によると、
JRバスの金沢エクスプレス号 金沢⇔新宿・池袋(3列シート)が7840円。
同じくJRバスのドリーム金沢号 金沢⇔東京(3列シート)も7840円。

4列シートのJRバス 青春ドリーム金沢号 金沢⇔東京が5000円。

2010年3月13日に廃止された、
JRの寝台特急北陸号(金沢⇔上野)の料金が、B寝台利用で17110円、
現在は臨時列車となっている夜行急行能登(金沢⇔上野)が指定席で9750円。

やはり、鉄道の方が高い!
だから、廃止および臨時列車化となってしまったようです。
(臨時となった急行能登も2011年2月24日以降、運行されていないらしい)

夜行バスと鉄道、どちらか安全か?といえば、
当然、鉄道の方が安全だと思われます。

夜行バスは、シートベルトを着用しなければならない、
これは言い換えれば事故が起こる可能性があることを前提としていることになります。

一方、夜行列車はシートベルトがいらないどころか、
寝台車であれば、ベットに横になることもできる。
事故が起こらない前提となっています。

また、運転手に何かあった場合を考えると、
もしバスの運転手の身に何かあれば、事故を防ぐことは不可能に近い。
さらには、バス自体に問題がなくても、他の自動車からもらう事故もあり得る。

一方、鉄道の場合、
運転手に何かあったとしても、
赤信号などで列車自動制御装置が働きますし、
衝突を避けるための安全側線などで被害をできるだけ小さくするといった、
何重かの安全策がは張り巡らされています。

2003年におこった、山陽新幹線で運転手が居眠りをしたけども、、
ATC(自動列車制御装置)により、駅で停車できたといった事件もあったように、
鉄道の安全性はとても高いものとなっています。


なお、実際は鉄道も事故をいくつかは起こしている。

近年では、営団日比谷線中目黒駅の脱線事故、JR羽越線の脱線事故、
JR福知山線の脱線事故、信楽高原鉄道の事故、
JR石勝線の列車火災など。

それでも、やはり高速バスの方が危険なのでは、、、、
と思ってしまうところです。

ただ、イメージだけで物事を語ることはよくない。

何かバスの事故と鉄道事故とで統計的なものはないだろうかと思って探したのだが、
見つけることはできなかった。
見つけられたら、また情報を載せることとします。

私は、夜行列車は大阪⇔青森を結ぶ「日本海」に3度、
札幌⇔青森をむすぶ「はまなす」に1度乗ったことがあります。

東京⇔大阪の移動は、夜行列車がほぼ全滅状態になってしまい、
現在は、大阪から東京への片方向のみ夜行列車「サンライズ瀬戸・出雲」に乗ることができます。
(東京→出雲市・高松方面の列車は、大阪や三ノ宮に停車しないので)

ある時期から、横になれない夜行バスに乗るのが苦痛となり、
「人間、寝るときは横にならないとダメだよ」と勝手に悟ったので、
大阪→東京の夜行での移動には、「サンライズ瀬戸・出雲」に乗りたいと思います。


これ、なくなって欲しくないなぁ。

大阪~札幌を結ぶ「トワイライトエクスプレス」、
上野~札幌を結ぶ「カシオペア」「北斗星」
上野~青森を結ぶ「あけぼの」

どれも、廃止が近いのではという噂がよく出ます。

安全な夜行の移動手段として、
なくなって欲しくないなぁ。


スポンサーサイト
公共交通総合 | 21:29:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
北海道新幹線 札幌延伸について
札幌在住の私としては、非常に気になる話題。

何やら一日伸びたようですが、
ついに明日、北海道新幹線の新函館(仮称)~札幌延伸の着工が認可されるようです。

札幌延伸あす認可 道新幹線 - 北海道新聞(どうしんウェブ)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/383330.html




といっても、開通は2035年、、、
私がその時札幌にいるかどうか非常に疑わしいですが、

個人的に飛行機が嫌いなので(やはり、飛ぶというのがなんか怖い←ただの怖がり)、

大雪で新千歳空港がマヒしても、新幹線で北海道(札幌)⇔本州を行き気できます。

実は、私も最近まで知らなかったんですが、
新幹線ってむちゃくちゃ雪に強いんですよ。

以前大阪にいた私は、関ヶ原で雪が降ると、
よく東海道新幹線が止まるのを記憶しているので、
新幹線は雪に弱いイメージがあったんですが、

上越新幹線や東北新幹線など、東京から北へ向かう新幹線は、
雪による運行障害というのは滅多におこらないそうです。

東北新幹線、きょう開業30周年 雪はねのけ、北国支える(産経新聞) - goo ニュース

あと、東京⇔札幌なんて、新幹線なんて乗ったらむちゃくちゃ時間がかかるんじゃないかと思われるかもしれないですが、とんでもない!

4時間~4時間40分を想定しているようです。
北海道新幹線webより、さすがに大阪⇔札幌の移動には使えませんが)

また、意外と思われるかもしれませんが、
同じ道内でも函館⇔札幌はかなり時間がかかるのです。
JR特急の「スーパー北斗」「北斗」で約3時間~3時間40分程度。

これが、北海道新幹線ができたら、
約1時間程度になるらしいです!

たまたま見つけた個人サイトに北海道新幹線のメリットとデメリットが書いてありました。

北海道新幹線 - JR北海道写真館
http://jrh.client.jp/shinkansen.htm

並行する在来線がJRから分離されるため、
第三セクター化になり地域輸送が不便になることやその路線の地域の赤字負担が大変、
もしかすると廃止になるかも?など、
いろいろ課題も多いですが、
なんとか解決していって、

沿線地域の人も利便性が損われないようにしていって欲しいです!

まぁ、でも2035年って、
私、51歳だな。。。

JR東海のリニアが大阪⇔東京開通が2045年らしい。
それよりは早いかw

鉄道 | 00:52:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪市営地下鉄2駅に授乳室を設置
大阪市営地下鉄御堂筋線「天王寺駅」と長堀鶴見緑地線「京橋駅」に授乳室が設置されたとのことです
http://www.kotsu.city.osaka.jp/general/barriar_free_top/barriar_free_info/junyuu.html
(大阪市交通局ホームページ)

そういえば、駅に授乳室って見かけませんね(私が女性でないから、あまり関心がないからかもしれませんが)。

東京駅にはあるようです。

もっともっと増えて、
子育てしている方が、公共交通を使用しやすい環境ができればいいなと思います。

私は、今は独身で、
子どももいませんが、
もし結婚してこどもができたら、
家族で出かけることがあれば、
非常に役立つと思います。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

鉄道 | 09:59:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
【週刊ポスト】橋下市長今度は「敬老パス廃止」に仕組んだ本当の「深謀」 を読んで
週刊ポスト2012年4月27日号の見出しに気になるものがあったので買ってみました。

タイトル
橋下市長今度は「敬老パス廃止」に仕組んだ本当の「深謀」

大阪市民は70歳以上になると、敬老優待乗車証(いわゆる敬老パス、以後敬老パスと表記する)がもらえて、
大阪市営交通(市営地下鉄と市バス)が無料で乗り放題となる制度があります。
これは、神戸市や名古屋市、千葉市など他の都市にもあった制度ですが、
各都市とも財政難や高齢者増加のため見直されなくなっています。

この制度が残っている都市が他にあるのかどうかはわかりませんが、
大阪市には残っており、同じく財政難などのため、橋下市長が見直しを行うとのことです。

システムとしては、
お年寄り敬老パスを使ってバスや地下鉄を乗った場合、その運賃は無料であるため、
その分を大阪市が税金で穴埋めをしており、
これは福祉事業として市の一般会計の福祉関連予算が組まれている。
それを、市交通局の地下鉄とバスの事業会計に分配されている仕組みとなっています。
(週刊ポスト本文から一部引用)

つまり、大阪市の税金でバスや地下鉄を補助していることになり、
「こうした収入の”付け替え”の理由は、バカ高い市バスの運転手の給料を支払うためというほかない」
というのが、週刊ポストの主張です。

まぁ、実際にどうなんだというとは思いますが、
この週刊ポストの記事でびっくりしたのが、
大阪市から交通局に交付金を投入する際に、
交付金をバスに9割、地下鉄に1割の割合で分配していたとのこと(07年度まで)。

えぇ??

これは、制度実施時から、「高齢者はバスしか使わない」という予測のもとにやっていたということらしい。

いや、さすがにそれはおかしいだろう…。

しかし、08年に敬老パスにICカードを導入し、
高齢者の利用実態を調べてみると。
地下鉄が65%、バスが35%だったのことで、利用実績に合わせて配分を見直したそうです。

そうか、そうだったのか。

市交通局は平成18年度から、
バスの系統別の収支をホームページで公表しており、
そのページはこちら→http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/business/management/financial/yosan_kessan/bus_keitou.html
私も興味津津で見ていたのですが、

平成20年度(2008年度)までは黒字の系統が約30系統ほどあったのが、
平成21年度(2009年度)には急に黒字系統がわずか7系統に激減してしまい、
なんで??と思っていましたが、
こうゆうカラクリがあったんですか、知りませんでした。
計算方法を見直したということは、言われていたので知っていましたが、
詳細なことは知りませんでした。

つまり、ICカードを導入するまでは、
ドンブリ勘定をしていたってこと。

個人的な話だが、
以前住んでいた家では、市バス34系統をよく使っていたのですが、
この路線は大阪市バスで一番運行本数が多い系統で、
一日中乗客が多い系統。
昼間でも7~8分おきにバスが来て、時刻表を見ずにバスが乗れる。
朝のラッシュは超満員で、雨の日は積み残し大量発生という、
ものすごいバスでした。
当時は毎年2億円を稼ぎ出すドル箱路線だった34系統が、
平成21年度の見直して5000万円の黒字になっていて、
この時はえぇ??と思ったのですが、
平成22年度には赤字に転落していた。
これが実態だったのか。
あの34系統すら赤字って大阪市バス大丈夫かよ・・・、と心配になったわけで。

(34系統についての詳しい情報はこちら → Wikipedia

んまぁ、それはおいといて、つまりのところ、
交付金のドンブリ勘定や、そもそもの交付金が高給なバス運転手の給料を肩代わりし、
掴みガネのためだった、のかどうかについては、私はわかりませんし、それについては語りませんが、

利用実態を考えず、
バスに交付金の9割もお金をいれるというドンブリ勘定を行っていたのが、
交通局のバス部門に対して、赤字の危機意識や改革意識を低下させていたのは間違いないのではないでしょうか。

そもそもICを入れるまで、
高齢者がバスと地下鉄、どっちを何%使うなんて詳細な把握は難しいとは思いますけど、
それでもなんらかの方法で把握することはできたと思います。
まぁ、それでも把握するのには費用がかかるという話ですが。

また、週刊ポストでは、
敬老パスがチケットショップに持ち込まれていたとか、
家族が使っていたとか、年間80万円も使う人がいた?とかとも書かれていたわけで、
ルール違反や常識を超えた利用実態もあったそうで。
このような人がいるために、問題になるなんていうのも、
残念な話だとは思います。

以前から、移動権や福祉の観点を考えず、
市バスは赤字だから廃止する、民営化する、
といった橋下市長の考えにはかなり疑問と持っていたのですが、うまく考えをまとめることはできず、

よく私が読ませていただいているブログ「森栗茂一のコミュニティ・コミュニケーション」で、森栗先生が次のようなことを書かれていました。

データもコンサルティングもないのに思惑で議論したり、コーディネーターがいないのに議論するのは、相互の誤解を増幅し、当事者性のある議論にならない。

私はまったくその通り!だと思いました。

今は札幌に住んでいる私ですが、
この札幌のバスも、
以前は市内の大部分は札幌市交通局が市営バスとしてやっていたのを、
2004年までにバス路線を既存3社に分配し、公営バス事業は廃止となったそうですが、
昨年末から移り住んだ私としては、
3社に分かれていて、非常に使いづらいです・・・。

バス路線や時刻表を調べる際に、3社とも調べなければならないし、
バスの乗り方や運賃の支払い方(整理券を取るとか取らないとか)が、
違ったりと大変ですわ。

バスに乗りなれない人にすれば、バス利用は至難の業なのでは・・・?

さっぽろえきバスNavi」というのがあり、
これは、3事業者のバス、地下鉄、JRをすべて総合してルート検索や時刻表検索が行えるサイトがあり、
これがあるため、だいぶ不便さは解消できるのですが、
やはり3社にわかれているためか、
同じバス停でも時刻表を調べるのにページがわかれてしまったりするので、不便です。
また、このサイトではジェイアール北海道バスやじょうてつバス(どちらも札幌のバス事業者)や大阪市営バス、神戸市営バスのように、
バス停掲載の時刻表(同じ行き先であれば、一つにまとめられたもの)を見ることができず、
同じ行き先でも系統ごとにわかれて表示されるなど、不便なものです。

もし大阪市営バスも民営化され同じように札幌のように不便にならないか、、、と心配してしまいます。




テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済

公共交通総合 | 09:26:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブログの別館を始めました
パインのアメいかがですか~
というブログを2007年11月からやらせて頂いていますが、

この度、交通およびまちづくりについて語るために、
別館のブログを始めました。

あまり更新はできないと思いますが、よろしくお願いします。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

未分類 | 08:08:57 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。